らくだ便 本・CD・DVD・ゲームお売り下さい! ホンドットコープ 東京読書普及商業協同組合
「よい本なんだけど目利きができて買い取ってくれそうなところがないかな?」とお困りでしたらぜひ 「あんしん・かんたん・買取便」

「らくだ便を利用するまでの物語」|ご利用者からの投稿

2014年11月08日(土)

カテゴリー:未分類 |

このリサイクルが当たり前の世の中、かつ、断拾離なる身の回り整理をする流れがあるので、
愛着はあるがアイドルグッズの「本」と「DVD」と「CD」を手放すことにした。
持って行くのはめんどうなので、商品を送って買い取ってくれる業者を探すことに。
「古本買い取り」と検索すると、沢山の業者一覧が出る。がねどこの業者も似たり寄ったり。
「アイドル買い取り」と検索すると、さすがに専門的な業者一覧が出てくるが、
あまりに専門すぎると敷居が高く感じなくなくない。
ちょっと脳を休めるために、近所の古本屋のHPを見てみると、
なにやら「らくだ便」なる買取サービスがあるとの情報をゲット。
さっそく調べてみると、昨今のゆるキャラブームにもかかわらず、まったく特徴のない
ラクダのキャラが目に入る。
らくだ便。 ラクダ便。。 なんだこれ。
見逃しそうな小さい文字で読書を普及する組合と記載があるが、運営している組織ということだろうか!?
買い取りの流れを確認し、どうやら他の業者同様に楽チンに査定が受けられるようだ。
しかしながら、1年前から情報が更新されていないし、HPの作りが素人すぎる。怪しい。。
しかも、スタッフらしい集合写真があるが、見事なまでにベストオブおっさんだらけだ。
年寄りには有り難い電話の問い合わせもあるようだが、携帯電話の番号だ。
まさかアッチの業者じゃないだろうな。
ますます胡散臭くなりねもうサヨナラしようと思った時、査定風景の写真が目に入った。
ここまで全然気づかせなかったが、どうやら古本屋のプロの集まりが運営していて、
その目でしっかり査定をしてくれるらしい。
うーむ、むむむ。。。
大手の買取業者はアマゾン価格での査定が多いはず。
そうなるとどんなにキレイだろうが、古く価値のあるものだろうが、買い叩かれる恐れがある。

 

 

でも、古本屋のプロ集団が吟味するのであれば、バーコードで査定する業者よりも温かみを感じる。
愛着ある大事な商品を預けるのだから、やっつけ作業にはしてもらいたくない。
しかし、右を見てもおっさん。左を見てもおっさん。
アイドルなんてわかるだろうか。
グラビアをただのエロ本だと思われないだろうか。悩む。実に悩む。。
よく名前を聞く業者であれば安全・安心かもしれない。
でも、この「らくだ便」の買い取りも興味がかなりある。
しっかりしたHPの業者を選ぶか、素人が管理しているHPの「らくだ便」を選ぶか。
究極の選択だ。
ジリジリとしたクライマックス、火曜サスペンスの崖っぷちに追い込まれた心境に
光明が射したのは、ほんとに気づかせないことばかりだが、
そういえばTOPにあった「内閣府認可法人」という文言。
さすがに誰彼と認可されるわけがなく、太鼓判を押されている団体ということだろう。
査定に納得がいかなければ返送してくれるようだし、他にはないスタイルに預けてみようと決意。
さあ、そうなれば別れ惜しい品々を、徹夜で目に焼き付けるとするか。

携帯からもお申込できます!

携帯電話でQRコードを
読み込んで下さい。


内閣府認可法人
東京読書普及商業協同組合
埼玉県公安委員会古物商許可
第431380015927号

〒336-0963
埼玉県さいたま市緑区大門1689
E-mail : rakuda@hon.coop